文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細

Powerd By Google

素粒子論の始まり
湯川・朝永・坂田を中心に
日本評論社 2018.12
資料の状況
蔵書数 1冊 貸出可能数 0冊 貸出数 1冊 予約件数 0件

場所請求記号資料コード禁帯区分状態
西宇治図書館一般・自然 /421.3/カ/ 104775978貸出中
詳細情報
ISBN
4-535-78833-6
13桁ISBN
978-4-535-78833-6
書名ヨミ
ソリュウシロン ノ ハジマリ
副書名ヨミ
ユカワ トモナガ サカタ オ チュウシン ニ
著者ヨミ
カメフチ ススム
分類記号
421.3
分類記号
421.3
価格
¥2500
出版者ヨミ
ニホン ヒョウロンシャ
大きさ
20cm
ページ数
8,296p
一般件名
量子力学-歴史
抄録
わが国の素粒子論は、湯川秀樹、朝永振一郎、坂田昌一の指導の下に発展を続け、終戦時から1950年代にかけて黄金時代を現出した。この3者を中心に、いかにして素粒子論の研究が行われたかを描き出す。
著者紹介
1927年石川県生まれ。理学博士。筑波大学名誉教授。著書に「物理法則対話」など。

1/1件
前の資料    次の資料