文字の大きさ: 普通大きめ
ホーム 検索結果詳細
検索結果詳細
1/1件
前の資料    次の資料
選択した資料の詳細

Powerd By Google

フクシマ
2011年3月11日から変わったくらし
国土社 202102
内堀 タケシ∥写真 文
資料の状況
蔵書数 1冊 貸出可能数 1冊 貸出数 0冊 予約件数 0件

場所請求記号資料コード禁帯区分状態
中央図書館絵本 /E/フ/ 111180607貸出可
詳細情報
ISBN
4-337-09907-4
13桁ISBN
978-4-337-09907-4
書名ヨミ
フクシマ
副書名ヨミ
ニセンジュウイチネン サンガツ ジュウイチニチ カラ カワッタ クラシ
著者ヨミ
ウチボリ タケシ
分類記号
E フ
分類記号
E
価格
¥1800
出版者ヨミ
コクドシャ
大きさ
27cm
ページ数
〔34p〕
一般件名
福島第一原子力発電所事故(2011)
学習件名
福島第一原発事故
学習件名ヨミ
フクシマ ダイイチ ゲンパツ ジコ
児童内容紹介
2011年3月11日、東日本大震災(だいしんさい)が発生。地震と津波(つなみ)の影響(えいきょう)で、福島第一原子力発電所が事故(じこ)をおこし、大量の放射性物質(ほうしゃせいぶっしつ)が大気中に放出されました。それから10年、人びとのくらしはどのように変わったのでしょう。福島の「いま」を写真とともに伝えます。
抄録
地震と原発事故という二重の災害が起きて、着の身着のまま避難を強いられた人たち。災害後のくらしは…? 東日本大震災から10年。写真家・内堀タケシが福島の「いま」を伝える。
著者紹介
1955年東京生まれ。フォトボランティア・ジャパン基金代表、日本写真家協会会員。写真学習プログラムやエコトーク写真授業、写真展、講演会を行う。著書に「ランドセルは海を越えて」など。

1/1件
前の資料    次の資料